職場と自宅を兼用で利用できる併用住宅で家賃の負担を軽減する

お知らせ

マイホームで賃貸経営

外観

自宅の一部を有効活用

現代における日本人の生活様式といえば、郊外の住宅地にマイホームを構え、そこから都心の会社や学校に通うというのがごく平均的な姿です。しかし、商業地などではいわゆる職住一体型の家で生活している人も少なくありません。住宅の一部が店舗になっていたり工場になっていたりして、自宅にいながら生業を営むというのが職住一体型の生活スタイルです。こうした生活様式の舞台となる住宅を、併用住宅といいます。併用住宅は、所有者の住居部分と住居以外の用途に使われる部分が1つの建物の中に併存している住宅です。店舗併用・工場併用のほか、賃貸住宅と一体になった賃貸併用住宅などが存在します。そして近年、この賃貸併用住宅が、家計の負担を軽減できるメリットがあるという観点から注目を集めているのです。

家計に安定をもたらす

賃貸併用住宅にはさまざまなタイプがありますが、一般的なのは1つのフロアを所有者の自宅とし、他のフロアに数戸を設けて賃貸アパートとして供用するというタイプです。アパート経営によって得られる家賃はもちろん所有者の収入となるため、マイホームの建築と不動産の有効活用を同時に実現できる手段として人気を呼んでいます。ローンの返済は家賃収入をもって充てることが可能なため、普通に住宅を建てるよりも経済的な負担は軽くなります。もちろんローン完済後はそのまま生活費に回せるため、一種の私的年金として老後の人生設計に組み込むことができます。また、賃貸住宅として使わなくなった後も、子供のひとり暮らしや二世帯住宅に転用するといった具合に、無駄なく活用することができます。

住替えは早めの準備が必要

案内

住まいを選ぶ時は、その環境についても事前に調べておく事が大切です。朝霞市周辺ならバスや鉄道の利便性もよく、快適に生活する事ができます。そして新築の一戸建て住宅なら自由度が高く、将来設計にもしっかり対応できるのが魅力です。

View Detail

埼玉県の建設会社

二人の男性

埼玉県に大塚建設という注文住宅を始め土木やリフォーム工事、それに不動産事業を行う会社があります。土地探しから始まり自由設計では天然素材を用いて省エネにも配慮された家造りが行われ、住宅保証機構にも加入していますので安心できます。

View Detail

エネルギーの自給自足

家

ZEHは、SIIが認める条件であれば、補助金を受け取れるのです。また、地方自治体によっては、太陽光パネルの設置に給付金を設けています。ゆえに、双方から資金援助を得られることもあります。ZEH仕様の家が人気の理由は、電気エネルギーはゴミが出にくいうえに、安全性が高いためです。

View Detail